FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我々は合成化学物質とうまく付き合えるか?第2回

前回の続きを書く前にちょっとトピックスを。 
この9月20日、朝日新聞の「私の視点」欄に、有機JAS認定機関である「OCIAジャパン」社長の鈴木由子さんが「有機栽培の目標は無農薬=安全」ではない、というような主張をされていた。この主張は僕がいつかこの連載に書いていたこととまったく同じである。うれしい。こういう人やこういう主張がどんどん出てくることを祈りたい。

 さて、続きにいこう。前回から合成化学物質の功罪について考えてきている。
③有限な資源である石油をつかっている
 石油はその多くがエネルギー利用、つまり火力発電や工場などの燃料源に使われているそうだが、もちろん、だからといって合成化学物質の原料問題がないという話にはならない。いつかは合成化学物質原料としての石油はなくなり、合成化学物質をたくさん使うほど石油は早く枯渇する。石油が枯渇することの怖さは、何より石油の奪い合いによって戦争や紛争が起きることである。これまでも石油が原因になって起きた戦争、紛争は大挙にいとまがない。さらに石油の枯渇が現実味を帯びれば、ひどいことになる。
 また、石油に替わる合成化学物質原料が見つかったとしても、おそらく石油よりも原料コストはかなり上がる。この移行がスムースであればよいが、そうでなければどこかに大きな“きしみ”が生じるだろう。
 ところで、合成化学物質の原料は石油だけに限られるのではない。石炭や天然ガス、さらには木材なども原料となりうる。合成化学物質は有機化合物であり、原料は有機物であればよいのだ。ただ石油が様々な意味で合成化学物質の原料として優れているからよく使われているわけだ。
 合成樹脂、いわゆるプラスチックも木材などの生物材料からつくることができる。こういうものは「バイオプラスチック」などと呼ばれる。以前は「生分解性プラスチック」という言葉がよく使われてきたが、どちらかというと「土に還る」という意味あいが強かった。前回にも書いたように、土に還る材料というのは環境的にあまり意味がなく、それよりも、石油以外の「循環型資源(植物資源など)」からつくることができるプラスチックという意味を出すために「バイオプラスチック」に呼び方が変わってきている。
④製造エネルギーが大きそう(二酸化炭素排出の原因になりそう)
 合成樹脂の製造エネルギーは大きい。アルミニウムなどに比べれば小さいが、いわゆる自然素材よりは大きい。そしていまのところ「製造エネルギーが大きい=石油枯渇につながる=二酸化炭素排出につながる」という図式になっている。
 頭を整理していただくために話を整理しよう。
 いまのエネルギー源の多くは石油である。わが国の電力は原発に頼っている部分が大きいが、やはり全体のエネルギー源としては石油に頼っているのが現状である。そして石油を燃やせば二酸化炭素が出る。もし、エネルギー源として太陽や風力が主流になってくれば、製造エネルギーが大きいことは石油枯渇につながらないし、二酸化炭素排出にもつながらない。
 もちろん、今後は自然エネルギー社会になるだろうからといって省エネルギーを考えないのはおかしい。自然エネルギーは効率が悪く、自然エネルギーがうまく利用できない地域もある。「省エネを考えながら、自然エネルギー社会を目指す」というのが正しい。
 また、バイオプラスチックが今後普及できるかどうかは、その製造エネルギーの大きさによる。いくら石油以外の循環型資源を使っても、それを製造するときにエネルギーをたくさん使う、つまり石油をたくさん使うことになれば、環境にやさしい素材であるとは言えない。これからの素材は原料が循環型のものであるとともに、製造エネルギーやリサイクル時のエネルギーが大きくないものであるべきである、というのが結論である。そういう意味で合成化学物質(合成樹脂)というのはなかなか前途多難である。
 
 さて、ようやく合成化学物質について全体を眺めることができた。おそらく近未来の「合成化学物質のある暮らし」というのは次のようなものだろう(個人的な希望も少し入ってるけど)。これを前提にして、いま私たちがどういう選択をすべきか、ということはみんなで考えていくしかない。まあ、間違いのない結論は「合成化学物質じゃないとダメなもの以外はシンプルで身近な循環型素材を使う」ということになる。
■医薬品
 日常的に使う薬(風邪薬や傷薬など)は植物そのものをうまく活用する。レベルの高い効能が要求されるものは合成化学物質で。
■自動車
 素材に大きな変化はないだろう。燃費向上が何より重視され、ハイブリッドから燃料電池へ。
■パソコン
 リサイクルしやすい構造、プラスチック。うまくいけばバイオプラスチックへ。広い意味での耐久性を何より重視。OSなどにも変化があるだろう。
■家電
 耐久性と省エネ重視。素材はプラスチックと金属しかありえない。
■家具
 循環型の自然素材で。何代にもわたって使えるもの。
■家
 リサイクルできないものは使えない。求められる性能によって厳しく素材や設備は選ばれる。省エネ、耐久性重視、太陽エネルギー利用が進む。内装材はシンプルな自然素材へ。合成樹脂は水、電気などの設備関係にのみ残る。
■容器、包装
 リユースは進むが、リサイクルを極限まで考えた金属、プラスチック、紙が中心になるだろう。食品が昔のように「そのまま売られている」状況は進むが、100%にはならないだろう。
■食べ物
 これがいちばん難しい。ハイテク農業と有機農業のまっぷたつに分かれそう。魚は養殖化に進むしかないだろう。どちらにしろ、大きな決断に迫られるときがくる。その決断の中には「合成化学物質」に対するテーマも、当然ある。

スポンサーサイト

我々は合成化学物質とうまくつきあえるのか?第1回

 さて今回は「合成化学物質の功罪について書け」とのこと。これはなかなか手ごわい。気合いを入れて書くことにしよう。
 合成化学物質というのは石油を原料にしてつくられているものである。医薬、洗剤、殺虫剤や防虫剤、防腐剤や防カビ剤、合成樹脂など、本当に様々なところに使われている。化学工業の進歩がなければ、いまの社会の状況はありえなかっただろう。合成化学物質でつくられたものが家庭にひとつもない、なんて人はまずいない。
 しかし最近になってこの合成化学物質に対して社会全体が批判的になってきた。これはなぜだろう?
 ①人間を含む生物の体に悪影響を与えそう
 ②合成樹脂はゴミとして処分しにくそう
 ③有限な資源である石油をつかっている
 ④製造エネルギーが大きそう(二酸化炭素排出の原因になりそう)
 こんなところだろうか?大雑把にいって「環境の敵」みたいな感じなわけだ。
 あんまり詳しくやっても読んでもらえなくなるのでやめるけど、こうした「合成化学物質の欠点」をきちんと見るというのは環境問題を考えるときにものすごく重要なのでそこそこ詳しく解説したい。
①合成化学物質は生物の体に悪影響を与えるか?
 ふーむ。これだけでも正確に書こうとすれば連載5回分くらいは必要だな。できるだけ簡潔に書こう。
 当然だが「医薬」「殺虫剤や防虫剤」「防腐剤や防カビ剤」というのは、生物の体に作用させて利益を生もうとしているのだから「影響はある」といえる。ただこうした薬剤の影響について慎重に調べて製品をつくるべし、という流れがあり、基本的にはどんどん安全になっている。たとえば農薬で利用される殺虫剤も、殺したい虫だけに作用させるような開発を進めてきているし、環境への残留性も30年ほど前に比べれば格段に小さくなっている。もちろんまったく影響がないというわけではなく、使い方を間違えれば(たくさんの量を体に入れてしまえば)影響は出る。医薬の誤飲での事故はたびたびあるし、シックハウス問題などはこの典型。
 そもそも「絶対安全なもの」なんてない。どんなものでも量を間違えれば危険だ。それは合成化学物質でも天然のものでも同じ。ただ20年前くらいまでの合成化学物質の中には相当危険というものがあった。こう書くと「環境ホルモンは?」という質問がありそう。これはまた別の機会に書くが、どうやら環境ホルモンは騒がれたほどのもんではない、というのが結論のようだ。
 洗剤や合成樹脂はどうだろう?
 洗剤はこれまたややこしいので詳しくは別の機会に。ただいえるのは「合成洗剤も相当安全になってきている」ということ。
 合成樹脂で騒がれているのはシックハウス問題にからむ接着剤や塗料、そして塩化ビニルの発がん性くらいだろうか。
 シックハウス問題は「いまの日本での最悪の化学物質問題」と考えてよい。化学物質によるシックハウス問題の最大の特徴は「吸い込むことで健康に害を与える」ということ。これまでは「食べるもの、飲むもの」に注意が払われていて「吸い込む」は盲点だったというところか。そのスピードはなんともいえないが、このシックハウス問題も少しずつ解決の方向に向かうのは間違いないだろう。私も西村氏もがんばってるし。
 塩ビのことは次回以降にまとめて特集しよう。今回のおさらい例として非常におもしろいから。では①の結論。
 ■基本的に合成化学物質の生物影響は小さくなってきていると見てよい。ただし、日本のような先進国と呼ばれるところに限るという条件つき。
②合成樹脂はゴミとして処分しにくいか?
 コンビニの袋とかプラスチックトレイとかが道に落ちているとすごく気になる。「いつまでもそのままで残ってるんだろうな」と思うから。紙とかならいつかは土に還りそうだけど。
 まず我々が合成樹脂の処分問題について感じているのはこんな内容だろう。確かに放っておいてもかなり長い間そのままの状態であることは間違いない。でもそれは合成樹脂の処分問題の本質ではない。なぜなら、合成樹脂は燃やされて処分(最終処理)されるから。
燃やされて処分されるのは合成樹脂だけに限らない。燃えるものは燃やして処分しないと「かさ」が増えてどうしようもない。もしあらゆるゴミがそのまま埋め立てられたら最終処分場がものすごい数になる。「燃やして処分」というのはまず永遠に続くだろう。
 少し脱線するが、そういう意味では「土に還る」というエコメッセージはほとんど無意味だ。生分解性プラスチックなんていうのも開発している(開発されている)らしいけど、やっぱり無意味。何となくそのことに世の中が気がついてきた印象はあるが…。
 さて合成樹脂の処分問題の本質だが、それは「再利用しにくい」というところにある。いくつかの用途の合成樹脂は再利用が進んでいるが、合成樹脂の種類が多く、また含まれる添加剤などがいろいろで分別しにくいから。金属は種類も少なく、見た目でその種類もわかるから再利用しやすい。
 ただ今後、合成樹脂のうまい再利用の技術やシステムが生まれてくる可能性もある。ポイントは「再利用するときに使われるエネルギー」になる。これが大きければ有効な再利用の方法にはならない。
 では②の結論。
 ■合成樹脂が「土に還らない」ということは処分問題とはほとんど関係がない
 ■現状として再利用しにくいのは事実。ただ社会からの再利用の要請が始まったのはごく最近。技術開発いかんによっては再利用が進む可能性もある。

 今回はここまで。いやはや、やっぱり大変なテーマだ。

抗菌剤に意味はある?

 いやはやまったく西村氏というのは鋭い。前回にもこうして褒めたが、また褒める。いまの日本の健康問題でもっとも憂慮すべきなのが「抗菌」であり、次にはこれをテーマに書かなくちゃ、と思っていたのである。
 褒めたついでに言っておくと、みなさんがどう思っているのかはまったく想像もつかないが、西村氏は相当な人物である。僕はこれまで全国の有名な建築家や工務店の社長にたくさん会ってきた。その中でも西村氏は本来の意味での「知的人物」である。形而上の問題と形而下の問題を見事に整理し、そこを泳いで生きてきている(と思う)からである。

 さて、本題。
いつから抗菌時代に入ったのだろう。記憶をたどれば「MRSA」をまず思いつく。いわゆる院内感染で有名になった菌類である。次には「O-157」か。MRSA問題はたぶん7年ほど前から始まったから、1996年くらいから抗菌時代が始まったという感じか。
 僕のところにはいろんな企業からいろんな素材が持ち込まれてくる。そこそこ有名なので宣伝してくれたらラッキーと思っているのだろう。そしてその素材に必ずといってついてくるのが「抗菌性のデータ」である。僕はそういうデータがあるものは相手にしない。僕が本気で健康のことを考えていることを彼らはわかっていない。

 僕が小学生の頃、キタナイものを食べて驚かすということに快感を覚えていた。要するにアホだったわけだが、給食のパンを教室の床に落とし、それを踏んでから食べたりしていた。とくに女の子たちは「きゃー」と喜んでくれた。うれしかった。でもそれで僕の体には何の異変も起こらなかった。
 マジメに考えると、人間という生き物は菌類とめちゃくちゃ長い間付き合いをしてきた。もちろん、長い間人類の生命を脅かす最大のものは「菌類」であり、それに対する戦いの歴史にはすさまじいものがある。それを克服することで人類の寿命は大幅に伸びた。
 しかしいまでは大きな問題がある菌類などほとんど存在しない。MRSAにしたって、病院という特殊な環境においてのみ問題になる。住宅に使う素材にMRSAに対する効果があっても何の意味もない。

 いや、意味がないだけではなく、大きな問題がある。
 人間に限らず生物というのは外界から体に入ってくるものに対して防御反応をするようにできている。それが体に益があるものかどうか、新しいものだからとりあえず排除すべきかどうか、などを判断するようにできている。そのシステムが「免疫」と呼ばれるものだ。
 しかし人間においてこの免疫システムはまだまだ発展途上の状態にある。あらゆる物質を正確に見極め、それを問題なく排除できるまでには至っていない。過剰反応する場合もあり、そのひとつがアレルギー反応というわけだ。
 未完成な免疫システムは反応する力をセーブすることができず、菌類がうじゃうじゃいた頃は菌類を何とかしようと頑張っていたが、菌類が少なくなってきた現代では、その力をもてあまし、化学物質に過剰に反応するようになってきていると言われている。
 もってまわった言い方をしたが、要するに、例えばアトピーの人が化学物質に反応するのは、菌類が少なくなって反応する対象が化学物質だけしかなくなってきたから、という説があるのだ。

 空調機にも、空気清浄機にも、ボールペンにも抗菌性がある時代である。ほんとにこんなものにはまったく意味はない。普通の生活環境で健康を脅かす菌類などない。
 こうした抗菌時代はますますアレルギーを増やす可能性がある。化学物質を使った抗菌剤は2重の意味で危ないし、たとえ金属を使っていても、自然素材を使っていても、抗菌性のあるたぐいの製品はすぐさま排除すべきである。

 ある車のCMに、親に「子供に泥んこになれ」と言わせたいCMがある。この車の「モノより思い出」というコピーには「車というモノを売りたいんじゃないか、バカ」といつも言いたくなるが、こうした車を買いながら、一方で抗菌性のある空調機に「子供の健康を守ってくれそう」と思うバカな親がたくさんいそうな気がする。

 そんなバカ親にはならないでくださいね、この読者のみなさん。
プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。