FC2ブログ

「冷蔵庫」を廻る話

 建築的には冷蔵庫は作業の流れに沿った配置がよいとされてきた。すなわち勝手口→冷蔵庫→準備台→シンク→コンロ→調理台→配膳台→食卓のフローの中で、冷蔵庫は材料庫として位置づけられてきた。しかし、レストランなどの大量調理場とは異なり、住宅ではこのような能率性の原則よりもむしろ生活上の人の動きに合わせることが現実的である。保冷の他にも加工食品や食べかけのなどの貯蔵としての役割もあるし、冷蔵庫から食卓に直接配膳されるものも少なくないために勝手口や準備台の近くにこだわるよりも、家族全員の使いよい場所にした方が実際的である。
一般的には冷蔵庫の位置は食卓側に引っ張られがちであり、そのようにだんらん側に近づくにつれて、その性能やデザインなどにも高度な要求に耐えられるものでなければならなくなっている。
*            *            *
 冬でも暖かい最近の住宅では適当な食品の保存場所がなくなってきたので、冷蔵庫が唯一の収納場所になっていることも多い。一般の家庭の食品保有数はざっと300点くらいあると言われている。それらがぎゅうぎゅう詰めに冷蔵庫に集中すれば、当然冷蔵庫内の環境は悪化する。その結果庫内の温度は上昇し、かえって食品を腐らせることになる。冷蔵庫が食品の保存から廃棄の一定期間をただ蓄えるだけに使われ、結局冷蔵庫が小さいという不満がでてくる。冷蔵庫には雑菌もいるし、食物による汚れや臭いもあり、思いのほか汚染されている。冷蔵庫の能力の限界を知ることが大切である。
漬物や野菜の収納、調味料、乾物、缶詰などは冷暗所保存がふさわしい。また時にはたくさん買った果物や贈答品が普段の収納状態を超える場合がある。それらに対しても冷暗所があるとキッチンにおける冷蔵庫の本来の機能を邪魔せずに、食品を大切に丁寧に扱うことができる。住宅の設備が向上するにつれて、家の中から冷暗所がなくなり、適材適所の保存が難しくなってきている。省エネや環境保護の立場から冷やす無駄を省き、食品への配慮を促すにも冷暗所をつくる意義は大きい。
 最近、床下収納の人気がないが(腰をかがむ姿勢が苦しいためか・・・?掃除がしにくいためか・・・?)わが『もりの家』は床下が高いので、床下収納を積極的に使う手もあります!!
       *            *             *
 最近の多機能冷蔵庫ではドア別の温度設定ではあるが、野菜の低温障害についてはあまり知られていない。きゅうり・なすでは10℃以下の保存では変色したり、表面にくぼみが生じる。なすは艶がなくなり、しわができ見るからに変質が激しいことが分かる。未熟なトマトでは13℃以下で障害が起きるので冷蔵には不適といえる。また、ひね生姜も常温保存が一般的である。食べる時期と保冷期間は細かな配慮が必要であることはいうまでもない。
 カビ、細菌などの微生物は冷蔵庫程度の低温状態(5~10℃)でも活発である。これらが腐敗や発酵をすすめ、特有の臭いを発生させる。プラスチック製の内部の棚やトレーは食用油に弱い。容器からこぼれた油は表面を傷め、ひび割れを起こす原因ともなる。こまめな清掃で庫内の衛生状態を維持する努力がなければ、冷蔵庫は上手に使えない。
 必要なものが乱れなく、豊かに蓄えられている状態は最も快い。詰め過ぎやガランとした状態は食生活の不毛が感じられる。過密冷蔵庫の持ち主は豊かさと貧困が同居しているようであるし、過疎冷蔵庫の持ち主は食事が極端に単純であると想像してしまう。

幻の「家事室」「書斎」 №1

 封建的な、あるいは伝統的なプランニングには室に名前などなかった。和室とか板の間とか、そのような呼び名であった。しかし戦後のモダンリビングの考え方では、機能主義となり、空間と生活行為は必ず対応関係にあり、部屋は機能に応じて分化され、それぞれの部屋に名前がついていったのである。ところで、「家事室」とはどういう部屋なのか?そこには机と椅子が用意され、洋裁・アイロンかけ・手芸・家計簿等の整理をする所と説明されている。大方は台所に続く狭く暗い部屋で、暗く見晴らしも悪く気がめげそうな中で誰がミシンなどかけるだろうかと思うばかりである。新しい時代の要求に応えて「家事室」が設けられた背景には、主婦の場、女の領域を確立させる願望があったのだ。女に「家事室」男に「書斎」というのが「スローガン」のように短絡的に結びついたのであった。しかし、実際の生活と結びつかないスペースは無人部屋となり物置と化していった。
         *          *          *
家事室と同じように最初の出発点で不自然な形をたどったものに男の「書斎」がある。家が時代とともに合理化、洋風化していくに従い、昔の応接間はなくなった。台所と食堂は一室にまとめられ、居間も連続してとられることが多くなった。同時に家庭における女性の力も強くなり、家の中すべては主婦の支配下におかれて、家全体は明るく能率的になった。しかし、男にとっては建築資金を出したにもかかわらず、何か自分の場がない不安、満たされぬ思い、つまり男の居場所がないのである。そのとき、家族から離れて自分の場、すなわち、こもり部屋を獲得したいという願いと「書斎」が結びついた。女の城を台所や家事室とし、男の城を書斎とすることで、一見バランスがとれたように見えた。しかし、その後の書斎の使われ方の多くは、家事室と同じように哀れな姿をさらけ出すこととなった。日本の父親の生活は書斎を必要とするほど成熟していなかった。今、家庭における性別分担制が消えつつあり、長年続いた台所・家事室・書斎の境界線があいまいになっている。台所や家事室は家族全員の領域におかれ、各々の個人生活の場は自分の好みに応じて別々に持ちたいと願うようになってきた。
         *          *          *
観念の中でいじられていた「家事室」「書斎」の意味や目的を今日の生活の中で再生させると、それは夫も妻もそれぞれ自分の居場所をつくりたいということであろう。子供は一人で自分専用の部屋をもてるのに、夫婦だけが相部屋というのも考えてみると不公平である。夫も妻も各々に自分自身に戻りたいとき、一人になりたいとき、欲しいのは自分専用のスペースである。まして夫婦共に職業を持っている場合には、生活時間も違うし、行動様式も当然異なっている。日常的な自分の所持品の数々、例えば名詞、財布、定期、時計、手帳、バッグなどの置き場が必要である。居間や食卓まわりに置かれても始末がつかずに見苦しい。職業上の資料や本、ファイル類などもまとめてきちんと整理したい。たとえ部屋として独立していなくても、最低限自分自身のためのデスクが欲しくなる。自分の定位置がはっきりすれば、そこは誰にも邪魔されず、好きに使うことができる。やりかけの仕事もそのまま散らかしておくこともできる。誰も勝手に触ることのできない、家の中での治外法権の場所をつくる効用は予想外に大きいと思われる。
                                  次回につづく

「洗濯」に関わる愚言

 洗濯機の置き場が基本プランを考える時仲々にナヤマシイ。一番ポピュラーなのが、更衣・脱衣の必然性から洗面脱衣室である。忙しい供働きの主婦にはキッチンの続きに置くワークショップ形式のパターンがある。これは炊事と同時に作業ができて合理的である。
コストや床面積に余裕があれば設備系をひとつにまとめてユーティリティを置くのも悪くない。
              *         *        *
 今の洗濯はボタン操作一つで完了である。楽にはなったが機械が生む水流では汚れが思うように落ちないもどかしさがある。特に衿、袖口などの部分的な汚れは洗濯機では効果が少ない場合がある。手洗いはこまめにすれば簡単である。洗濯物に合わせて水の温度も細かく調節できるし、水量や洗剤の種類も細かく配慮することができる。あらかじめ汚れのひどい箇所を部分洗いしてから洗濯機に移してもよい。手洗い後に脱水だけ洗濯機に頼るということがあってもよい。このように洗濯機と洗濯流しを隣接させておくと、洗濯が「汚れたら洗う」ではなく「着たから洗う」へと変化している今、いたずらに洗濯機を回して水やエネルギーの無駄使いを増やすより「手洗い」をこまめにやるほうが環境にも寄与できるというものである。
              *         *         *
 日本人は洗濯が大好きである。また物を干す事も大好きである。洗濯物はもちろん、布団を日に当て、傘やスニーカー、バスマット、まな板まで天日で乾かさないと気がすまない。天気が良ければ洗濯物は外に干したいのが日本人の平均的日常感覚である。したがって物干し場のスペースは重要である。洗濯作業から物干しに移る動線は家族の生活部分を横切ることなく屋外に出られることが望ましい。物干しというと直射日光が絶対と考える人も多いが、1日中日に当てなくても洗濯物は乾く。物干し場を東や西に寄せて南を開放し、家の中からの景観をよくするのも気分のよいものである。雨の日の物干しを考える必要もあるが、そのためのスペースを確保するのは難しい。浴室乾燥機などを上手に利用するとよい。余裕があれば浴室だけでなく、洗面脱衣室などにも暖房乾燥機能付の換気扇を設けておくと便利である。浴室や洗面脱衣室を5、6分あたためておくだけで「ヒートショック」を「緩和」でき一石二鳥の優れものの設備機器である。
              *         *         *
敷地の形態と住宅計画は密接なつながりがある。特に余裕のなくなった都市の住宅では、住宅回りに漠然とすきまをつくる配置では土地の有効利用を図ることはできない。敷地全体の計画の中で、住戸も敷地も一体化して、生活領域を考える積極的な手法が望まれる。
住戸の外のスペースの機能は大きく三つに分けることができる。①主庭②前庭③サービスヤードであるが、主庭や前庭、すなわち一般的な庭は自然環境を取り込み、自然を楽しむ場として関心が高い。一方、サービスヤードは屋外の家事作業、収納などに使うスペースであるが、きちんと設けられている家は少ない。屋内からはみ出したもろもろの雑作業をこなす場として非常に便利で、泥のついたものの洗い落とし、漬物、ゴミ、廃棄物の一時置き場など、多目的に使うことができる。家の中を快適に美しく能率的に使おうとすれば、その生活をサポートするサービスヤードのような陰の部分はどうしても欲しくなってくる。位置は日当たりの強い場所を避け、玄関・門などからつながっていながら、直接人目につかない場所が望ましい。また台所から道路に出る動線、洗濯場から物干し場への動線を含めて、しかも動きやすい十分な広さが欲しい。

住宅用火災報知器がナヤマシイ

 今年の6月から消防法が改正され、新築住宅への住宅用火災報知器の設置が義務付けられました。マスコミでも取り上げられておりご存知の方も多いと思います。火災報知器の設置というと何か特別な工事が必要なのではないかと誤解して、既存住宅の場合どうしたらいいのだろうと思い悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?

住宅火災による死者数は増加傾向で推移し、建物火災による死者数の8~9割程度をしめ、その6割以上が65歳以上の高齢者となっています。住宅火災で亡くなられた方の約7割が「逃げ遅れ」で、より早く火災の発生を知っていれば助かった方も多いと思われます。平成14年中の住宅火災の死者数は992人、平成15年の同死者数は1041人と急増し、昭和61年以降17年ぶりに最悪の状況となっています。住宅火災による死者の発生率は高齢者が他の年齢層に比べて5倍以上となっており、今後、高齢化の進展とともに更に同死者数が増加する恐れがあります。
 アメリカでは1970年代後半から各州で法制化され、21年間で住宅火災の死者数5割位低減化しました。イギリスでも同様で13年間で約4割程低減化しました。これらのことから、本来自己責任である住宅にも住宅防火に係わる法制度の導入を図ったものです。新築住宅への適用は平成18年6月1日施行で、既存住宅へは平成23年6月1日からです。
 住宅用火災報知器には煙式と熱式があって、煙式が推奨されています。乾電池式とAC100V式があって、値段は5000円~10000円位です。設置場所は1.寝室(季節に応じて就寝する室を含む)2.階段(寝室が存する階の階段上部)その他です。台所の設置なども「火災の予防」という観点から(消防法とは別に)勧められています。今、お住まいの住宅にも乾電池式の火災報知器であれば簡単に取り付けられます。大型家電店やホームセンターで簡単に手に入ります。
 品確法、シックハウス対策新法などのいわゆる住宅新法が次々に整備されています。法整備がされる度に、これが最後になるのだろうかという「思い」があります。法整備が進むことはそれなりに意味のあることですが、コストは確実に上がってきます。それに、消防職員のような振りをして行なう悪質な訪問販売が増えてくるのもナヤマシイ問題です。上述したように、火災報知器設置には特別な工事もいらないし、値段も5000円~10000円位で簡単に手に入ります。悪質な訪問販売にだまされる方が出ないよう、ご親戚や友人、知人にきちんと伝えてください。前に書いたように「防犯住宅」というのもナヤマシイ問題ですが・・・次々とアラワレテキマスナ・・・。





プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード