スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「家守り」という考え方 №1

 長期優良住宅普及促進法が昨年12月に公布され、今年6月末までに施行される。超長期住宅先導的モデル事業も動き出し、ストック型住宅への流れが加速している。スクラップ&ビルドの風潮が一掃されるのは慶賀の極みであるが、「木の家」に限っていえば基本的にはフローの建築であるから、三代百年はОKだが、七代二百年は?となる。伐採された木が育っただけの時間を生き建てかえられる家は連続性をもっており、その面を評して「フロー」というのである。鉱物資源は無尽蔵に掘り出すことはできないが、「山」が健全に保持されれば木はくり返し再生され循環されるのである。
 一つの家を構成する部材の中には、長い寿命のもの(ストック)もあれば、数年で交換の必要な部材(フロー)もある。町の中にもインフラとしてのストックと、仮設のようなフローがあり、それらは入れ子状に構成されていて、相互に補完し合っている。
 価値をお金に換算するのが経済の基本であるが、これも単純ではない。ものの価値には、資産価値(ストック)と使用価値(フロー)があり、使用価値の高い家は住居者には住み易くても、他人には住みにくく資産価値は低いとされる。しかし、使い込み、磨きこみ、使い回された家や道具には愛着があり、その家族の記憶をかたちづくっている。この使用価値を他人にどうのこうのと言われたくない。ストックなのかフローなのか、簡単に値段を付けられないのは、そこに歴史と文化の厚みがあるのであって、そういうフローを包み込んだストックでなければ、真のストックとはいえないだろう。   
             *           *           * 
 1995年の阪神淡路大震災後に改正された建築基準法施行以前に建てられている住宅は、全体の94%を占めている。さらに遡って1981(昭和56)年の基準法改正では耐震基準が大きく見直されたが、それ以前の住宅は、高度成長期の大量生産の時期と重なって、耐久性の劣る住宅が多い。さらに言えば、その前年の旧省エネルギー基準を満たす住宅はごくわずかである。この量的に圧倒的な不適格な既存住宅-あえていえば「不良ストック」をどうするのか?「不良ストック」とはいえ、住人にとっては「住めば都」であり、そこで暮らしは営まれている。北京オリンピックのように、それを一方的に破壊することは許されまい。
住生活基本法・長期有料住宅法は、ストック重視への転換を促すものであるが、既存住宅の改造もテーマになっている。現に今ある不適合住宅の改善はいつ襲われるか分らない地震を想定すると、早急に対策が講じられなければならない。これを打開するには、ます既存住宅を性格に把握し、診断を下すことである。そして、手術に相当する改修工事の計画を立てることである。
「新築○○さん」はいいけれど、お肌は身体内部の影響を受けるものなので、お化粧-表皮だけで済ますのは考えものである。改修の対象となるのは、①耐震補強②断熱強化による恩熱環境の改善③バリアフリー化の三つと考えた。これらについて、調査・診断・改修設計・工事の流れを確立することが求められるのであるが、難儀なのは既存住宅は「開けなければ分らない」ことである。
                                                 つづく

スポンサーサイト
プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。