FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境主義住宅を解く 第11回

 今年の冬はとにかく寒い。こうした冬でも省エネ型の生活で乗り切ることができなければならない。今年、我が家では久しぶりにたくさんの温湿度計をいろんな場所に置いてみたが、それによって得られるものが多いことをあらためて認識した。何よりの成果は子供を含む家族がその数値に常に注意を払うようになったこと。いつか書いたと思うが、消費エネルギー量がいつも表示されるような装置があって、それをいつも見れるようにしておけば、それだけで省エネは進むはずだ。家だけじゃなく、事務所や学校にもそういう装置を置く。温度計やこうした“道具”は、楽しく省エネを図ることにつながるところが大きなポイント。
 さて、今回はエネルギー源のこと。
 いまあるエネルギー源は「電力」「ガス(都市ガスとプロパンガス)」「灯油」「バイオマス(木材など)」「自然エネルギー(太陽など)」。こうしたエネルギー源を冷暖房、給湯、調理、家電に使っている。最近までは「電力→家電、照明、エアコン」「ガス→調理、給湯、ガス燃焼型の暖房」というような単純な使い方の流れだったが、エネルギーを効率的に無駄なく使おうという発想になってきて、様々なパターンのものが生まれてきている。
 とくにここ最近は給湯がらみの新しい装置(システム)がいろいろ発売され、何を選ぶべきかに悩む状況だ。代表的なものをご紹介しよう。
①エコキュート
 電力を使ってお湯をつくる給湯器はこれまでにもあった(電気温水器)。でも、このエコキュートというのは、空気がもっている熱をうまく汲み上げるシステムをもっていることで(こういうシステムを「ヒートポンプ」と呼ぶ)、使用する電気エネルギーの3倍ほどの熱エネルギーを作り出すことができる。さらに深夜電力を利用することで、ランニングコストも低くなる。基本的には台所やお風呂のための給湯を行うものだが、床暖房などの暖房にも使える可能性が出てきている。
②エコジョーズ
 高効率なガス給湯器。沸かしたお湯の一部は蒸発してしまう。これまではそれは無視していたのだが、蒸発するときに発生する熱を回収することによって高効率化した。
③エコウィル
 家庭用のガスコージェネレーションシステム。ガスエンジンで電気をつくり、さらにその過程で発生する熱を利用してお湯をつくる。コージェネとは、こうして電気と熱を両方つくり出すシステムのこと。
 確かにこうした給湯設備はこれまでのものよりも効率がよく、省エネ型のものであり、ランニングコストも少なくなるだろう。しかし、まず考えてほしいのはやはり太陽熱を利用した給湯システムだ。こうしたシステムと効率のよい電力やガスを使った給湯設備を組み合わせるという発想が理想だろう。
 そこで重要になってくるのが「家全体の給湯、電力消費、冷暖房設計」というようなもの。各家庭ではどれくらい給湯量が必要で、どれくらい電力を消費し、さらにどのように冷暖房をするか、ということをしっかり予測して考える。もし給湯によって暖房するなら(床暖房など)、それも組み合わせて考えなければならないし、エアコンを使うなら電力消費に関係してくる。そして冷暖房に必要なエネルギー量は、断熱性や間取り、家族の快適感などに関係してくる。いくら効率のよい設備を使ったとしても、家族の暮らし方や家の性能に合っていなければ、省エネにはならないし、無駄なイニシャルコストを使ってしまうことになる。
 このように、“全体”を考えて設備を含めた設計が求められる時代になってきた。気持ちよく省エネ型の暮らしを実現させる家をつくるということは、実は、いかに全体を見渡した設計ができるかにかかっている。ますます住まい手は自分たちの家族のことを知らねばならないし、またつくり手は様々にある「技術の要素」を知って、それを全体に落とし込み、多様な家族に対応できる設計力が求められている。
スポンサーサイト
プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。