FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境主義住宅を解く 第59回

 鳩山さんはこの国を、環境主義の国として世界に認めさそうとしているように思える。少なくとも12月のCOP15ではそうだった。でもうまくいかなかった。でも粘ってほしいと思う。「粘るから協力して」と言われれば、協力するからさ。いや、もちろん個人的に鳩山さんからそんな言葉をかけられるわけではない。国民に呼びかけてくれれば、少なくとも私はプライベートでも仕事でも協力したいと思っているということだ。

 この連載期間の5年間で「環境主義住宅」はどこまで広がっただろうか?
 しかし実はこの5年間で、私は「環境主義」からの家づくりのアプローチをしなくなった。「家」というものを様々な視点で眺め、たくさんの「家をつくる人」や「家を建てようとする人、リフォームしようとする人」に会って、環境から家というものをアプローチするより、家に求めるもの、家に求められるものをきちんと考えていけば、環境に行き着くんじゃないかと考えるようになっている。

 ただ、私の考える「求められる、求めるものがある家」というものは、それほど特別なものではない。私は仕事柄「特別な家づくり」をする人に出会うことが多いが、そんな人を眺めながら、「特別なものではなく、いまと未来の状況に置かれた、日本人が住むにふさわしい家」という地平を探してきたように思う。

 私にとって西村さんは特別な人だ。最近では長電話もしなくなったが、西村さんとの議論というか、それぞれがそのときに考えていることの確認作業は、私に「前に向かう力」を与えてくれた。いつも自分を見てくれている人がいるということは、最大の生きる力を与えてくれるものだろう。ありきたりな話で恐縮だが、人との出会いは人生の中でもっとも大きなものだと改めて思う。

 少なくともあと5年間ほどは仕事にがんばろうと思う。最後の仕事はリフォームで、その前の仕事が「パッシブデザイン」だ。リフォームは私が得意な「整理する」という発想が強く求められるものだし、パッシブデザインは私の好きな「理科」が必要な分野。うまくいいテーマが見つかった。
 この連載は今回でオシマイになるが、引き続き私の「仕事」に注目してくれればとてもうれしい。

 ところで、この大晦日の紅白歌合戦を観ていて、私は「彩香」の唄を聴いて、唄う姿を見て久しぶりに泣いた。彼女がカムバックしたら、誰か一緒に彼女のライブに行きませんか?
スポンサーサイト
プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。