FC2ブログ

「アッカンあべ~」

★ジュリー脱原発 公演で「アッカン安倍」 *****「2014-07/14 日刊スポーツ」より転載

沢田研二(66)が13日、全国ツアー「三年想いよ」を東京・渋谷公会堂でスタートさせた。ステージ上で「アッカンベー」をもじり、「アッカン『アベ(安倍)』~」とコメント。原発再稼働の方針を進め、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した安倍政権を批判したとみられる。

 毎夏恒例の全国ツアー初日。沢田は今年も脱原発と平和憲法護憲を訴えた。3曲を歌い終えると、帽子をそっと取った。穏やかな表情や語り口とは対照的。観客約2000人に、強烈なメッセージを発した。

 「休み癖がついて、このまま(歌手を)辞めてしまおうかなと思ったけど、危なっかしい時代だから、ちゃんと歌わないといけない。アッカン『アベ(安倍)』~」

 ファンはすぐに意味を理解して笑ったが、沢田は「でも、麻布十番の(人気居酒屋)『あべちゃん』は大好きだけどね!」と続け、会場を和ませた。

 東日本大震災以降、毎年3月11日に、被災地への祈りと脱原発への思いを込めたCDをリリースし続けている。今年も3月11日にアルバム「三年想いよ」を発表した。「復興が進まず、まだ何も変わってない部分があると聞いています。遠い場所にいると、忘れてしまいがちです。被災地のすべてに祈りを込めたアルバムです」。新アルバム収録曲を歌う前、復興を願う気持ちを言葉ににじませた。

 今では希少となった政権に物を言うアーティストだ。新アルバム収録曲とともに、脱原発を訴えた「F.A.P.P.」(12年)を披露。さらに、憲法第9条を守ろうとの思いを込め「我が窮状」(08年)を、あえて9曲目に盛り込んだ。

 ファンを楽しませる使命もしっかり果たした。「勝手にしやがれ」「危険なふたり」など大ヒット曲も次々と披露。約2時間半を完走。アンコールでは、ステージの端から端まで走った。

 「この年になって、歌うことが好きになったみたい」。照れくさそうに言うと、大きな拍手が起きた。最後まで、メッセージもパフォーマンスも力強かった。

【近藤由美子】

・・・・・・・・・・・・・

F.A.P.P(フクシマ・アトミック・パワー・プラント)
 
作詞:沢田研二  作曲:柴山和彦

太陽と放射線 冷たいね
子供はみんな校舎の中育つ
死の街は死なない かけがえのない大事なふるさと
我が家へ帰れない 希望はあるけど
こんなにしたのは誰だ

BYE BYE A.P.P BYE BYE 原発
苦しみは いつも複雑すぎるよ 当然
BYE BYE A.P.P BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 収束していない福島

地球が怒る 何度でも
大人はいつも 子らを想い悩む
死の街が愛しい あらゆる不安に苛まれても
偽善や裏切りも これ以上許すの
何を護るのだ国は

BYE BYE A.P.P BYE BYE 原発
哀しみは ひとりひとりで違うよ 当然
BYE BYE A.P.P BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND へこたれないで福島

NO 長崎  MORE 広島
人は何故 繰り返すのか あやまち 当然 (東電)
BYE BYE A.P.P BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 世界が見てる福島
世界が見てる福島
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード