FC2ブログ

総選挙に寄せて:なぜナチスを阻止できなかったのか

「大義なき解散・総選挙」が始まって、ほぼ10日が経過した。「選挙は終わってみないとどうなるか最後まで分からない」けれども、大手マスコミによれば、目を疑いたくなるような結果となりそうだ。「暗黒社会」へ向かって「迷走」する日本、といったところだろうか。安倍晋三政権の暴走を止めなければ、やがてこの国は取り返しのつかない事態に陥るだろう。

内田樹氏のコラムを四篇連続でアップし、今回の総選挙に於ける問題点のオサライをしてみました。最後に残されたカードを「安倍政権にNOと言う候補」に投じてみよう!

かつて1930年代に、ドイツはワイマール憲法下にナチスによってワイマール体制が急速に骨抜きにされてゆく苦い経験をした。この屈辱に対して嘆き悔やんだマルチン・ニーメラー牧師の言葉を下記に記しておきたい。

・・・・・・・・・なぜナチスを阻止できなかったのか~*マルチン・ニーメラー牧師の告白~

ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分はすこし不安であったが、とにかく自分は共産主義者でなかった。だからなにも行動にでなかった。次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者でなかったから何も行動にでなかった。

それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、自分はそのたびにいつも不安を感じましたが、それでもなお行動にでることはなかった。それからナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であった。だからたって行動にでたが、そのときはすでにおそかった。

・・・・・・・・・( 丸山真男 『現代政治の思想と行動』 未来社 )

*マルチン・ニーメラー:ドイツのルター派神学者。第1次世界大戦に従軍し,潜水艦長として活躍。ウェストファリアのミュンスター大学で神学を修め,1924~30年同大学学内伝道にたずさわり,31~39年ベルリン・ダーレムのルター派教会牧師となる。ヒトラーの教会支配に対する抵抗運動の指導者として活躍し,牧師緊急同盟の結成を呼びかけ,告白教会の形成,バルメン宣言の成立にあずかって力があったが,逮捕されて,ダハウの強制収容所に送られる (1937) 。第2次世界大戦後解放されて,平和運動,ドイツ統一運動に尽力。ドイツ福音主義教会評議員,同外務局長。世界教会協議会会員。主著『Uボートから講壇へ』 ,『イエス・キリストは主なり』 。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード