FC2ブログ

戦争責任はA級戦犯だけではなくすべての国民にある

★「責任はA級戦犯だけではなくすべての国民にある」:森 達也 [映画監督・作家他]

@打ち捨てられた英霊たちの墓石を訪ねて

 住宅地を少し歩く。細い路地を抜けると突然視界が開ける。異様な光景だ。敷地いっぱいに墓石が並んでいる。でも普通の墓石ではない。ほぼすべては高さ50センチメートルほどの小さな直方体(先端は少し尖っている)。台石は1枚だけ。すぐ足もとの墓碑には「陸軍歩兵加藤周一郎之墓」と彫られている。

 大阪市天王寺にある真田山陸軍墓地。徴兵令が初めて発令された明治4年、当時の兵部省が設置した日本で最初の兵士の墓地だ。当初の面積は2万8040平方メートル。そして今は1万5077平方メートル。

 ここには戦死した兵士だけではなく、兵役や訓練中に事故死や病死した兵士や軍役夫、さらには日本軍の捕虜となった外国人の遺骨も埋葬されている。墓碑の総数は5299。ただしそのほとんどは、西南戦争や日清戦争までの戦没者だ。日露戦争や第1次世界大戦、そして戦場で死んでも遺骨を持ち帰る余裕などなかった第2次世界大戦の死者たちは、大きな合葬墓に埋葬され、さらに遺骨や遺髪や(現場の)土などが入れられた小さな骨壷は、昭和18年に完成した納骨堂の棚にびっしりと置かれている。その数は8000超。

 墓苑への出入りは自由。でも膨大な数の墓のほとんどは、近年に線香や花が手向けられた気配はまったくない。要するに打ち捨てられている。線香台には枯葉が重なっている。墓石の多くは罅が入ったり欠けたりしている。

  「大阪の人もほとんど知りません」ここまでを案内してくれた大阪在住のエルネスト高比良さん(医療関係者で市民運動家)が言う。「僕もたまたま通りかかって驚いて調べたんです」

 確かにここに来るために2人で乗ったワンコイン・タクシーの運転手も、真田山陸軍墓地と言ってもわからなかった。実のところこうした陸軍墓地は、全国で80カ所もあるという。でもそのほとんどは打ち捨てられている。遺族ですらここに墓があることを知らないケースが多いらしい。納骨堂の整理に来ていた年配の男性が、「政治家たちは本気で慰霊したいのならここに来るべきだよ」と少しだけ腹立たしそうに言った。

@靖国をアーリントン国立墓地になぞらえた安倍首相

 昨年5月、アメリカの外交専門誌『フォーリン・アフェアーズ(Foreign Affairs)』に、安倍晋三首相のインタビューが掲載された。靖国神社参拝について質問された安倍首相は、「(南北戦争当時の)南軍の将兵が安置されたからといって、アーリントン国立墓地に行くことが奴隷制度に賛成することを意味するわけではないではないか」と答えている。つまり戦犯が祀られている靖国に参拝したとしても、それは戦争に反対する思いと反目しないとのレトリックだ。
 そもそもはジョージタウン大学のキャビン・ドク教授がアーリントンについて言及したこの論理を、安倍首相は官房長官時代にも頻繁に引用の形で使っており、その後の国会答弁でも、やはりアーリントンを引き合いに出しながら日本の政治指導者が靖国に参拝することの正当性を強調している。

『フォーリン・アフェアーズ』はアメリカの政府関係者の多くが読んでいる。だから影響は大きい。10月に来日したジョン・ケリー国務長官とチャック・ヘーゲル国防長官は、揃って千鳥ヶ淵戦没者墓苑を訪れて慰霊のために献花した。2人のこの異例ともいえる行為をAFP通信は、靖国神社を米国のアーリントン国立墓地になぞらえた安倍首相に対する牽制であるとの見方を示している。実際に2人は参拝の意味を記者団に質問され、「日本の防衛相がアーリントン国立墓地で献花するのと同じように」戦没者に哀悼の意を示したと述べている。つまり彼らにとって日本のアーリントンは、靖国ではなく千鳥ヶ淵であるとのサインだ。それもかなり強い意思表示といえるだろう。だからこそ安倍首相の靖国参拝に対して、アメリカは「disappointed(失望した)」と表現した。

 神道系宗教施設である靖国神社への参拝についてまず指摘されねばならないことは、政教分離原則への抵触だ。あらゆる宗教を許容するアーリントンとは根本的に違う。さらに靖国は遊就館の展示が示すように(売店の推薦図書は特に露骨)、あの戦争は自衛戦争であるとのイデオロギーを流布するためのプロパガンダ装置でもある。ちなみに昨年行ったときは、田母神俊雄元航空幕僚長(この原稿執筆時においては都知事選立候補者の1人)の多数の書籍が売店で平積みにされていた。

 ただし僕は、プロパガンダ行為そのものを批判するつもりはない。思想信条の表明は自由だ。問題はそのプロパガンダ施設に一国のリーダーが参拝することの意味だ。もしもアーリントンに展示施設が併設されていて「南軍の戦いは正しかった」とか「ベトナム戦争に大義はあった」などの思想信条を表明しているのなら、政治家は誰も足を向けないだろう。

つまり特定の宗教施設でプロパガンダ装置でもある靖国は、国家元首が慰霊のために訪れる施設としてはまったくふさわしくない。それはまず大前提。そのうえで考える。参拝後に安倍首相は、「戦場で散った英霊のご冥福をお祈りし、そしてリーダーとして手を合わせる。このことは世界共通のリーダーの姿勢ではないでしょうか」と述べた。

 この発言をテレビニュースで眺めながら、僕はとても嫌な気分になった。参拝したとのニュースに接したときよりも嫌な気分だ。だってこの発言はずるいのだ。明らかに焦点をずらしている。

 中国や韓国の政府やメディアは靖国参拝を批判するとき、必ず「A級戦犯を祀っている靖国神社に……」とのコンテクストを使う。つまり国のために死んだ人たちを慰霊すること自体を批判しているのではなく、日本を戦争に導いた戦犯を祀っている施設に参拝したことを批判している。「リーダーとして英霊の冥福を祈る」ことそのものを批判しているわけではない。実際にA級戦犯合祀以前にも多くの首相が靖国参拝しているが、この時期には中国や韓国からまったく批判は生まれなかった。

@靖国参拝にはもっと根本的な誤解がある

 参拝後に安倍首相は「(中国や韓国の)誤解を解きたい」とも言っている。「参拝と戦争肯定とを結びつけること」への誤解という意味だと思う。ならばそれも違う。解かねばならないもっと根本的な誤解がある。

 A級戦犯だけに戦争責任のすべてを押しつけることへの誤解だ。ただしこの誤解を抱いているのは諸外国だけではない。この国の国民の多くが抱いている誤解でもある。

 一部の指導者の意思や工作だけでは戦争は始まらない。騙した人と騙された人。煽った人と煽られた人。そんな二分はありえない。国民の多くが政策に熱狂したとき、政権を支持したとき、国家は大きな過ちを犯す。つまり国家と国民の相互作用だ。

その意味で僕は、一部の指導者にのみ戦争の責任を押しつけた東京裁判史観は間違っていると考える。
 この言説は、いわゆる「左側の」人たちからも叩かれる。でもこれは譲らない。一億総懺悔を蒸し返すのかと批判されたことがあるが、東久邇稔彦内閣が唱えたこの説は、開戦ではなく敗戦の責任を追及するもので、天皇への責任軽減を目的としたレトリックだ。意味がまったく違う。前回の連載で、「百人斬り」について触れた。もう一度当時の新聞記事から引用する。



 南京入りまで“百人斬り競争”といふ珍競争を始めた例の片桐部隊の勇士向井敏明、野田巌両少尉は十日の紫金山攻略戦のどさくさに百六対百五といふレコードを作つて、十日正午両少尉はさすがに刃こぼれした日本刀を片手に対面した。
野田「おいおれは百五だが貴様は?」
向井「おれは百六だ!」
 ……両少尉は“アハハハ”結局いつまでにいづれが先に百人斬ったかこれは不問、結局「ぢやドロンゲームと致さう、だが改めて百五十人はどうぢや」と忽ち意見一致して十一日からいよいよ百五十人斬りがはじまつた。



 読み返す度に胸が悪くなる記事だ。でも絶対に忘れてはいけない。特に後世に生きる僕たちが考えるべきは、このエピソードが新聞の一面に何度も掲載されたという事実だ。

メディアはマーケットの欲求に抗わない。むしろ煽る。つまり市場原理だ。中国人を100人斬ろう。アハハ。ならば150人だ。こうした記事が一面に掲載されたということは、これを手にするほとんどの日本人が(嫌悪を感じるどころか)この記事に熱狂し、まさしく今のオリンピックのように兵士たちを応援していたということを表わしている。でもここで競われているのはメダルの数や色ではない。切ったり刺したりした人の生命だ。

 もちろんメディアから誘導されたという見方もできる。それは常に相互作用だ。こうしてメディアは社会の合わせ鏡となる。それは政治も同様だ。多くの人が戦争に熱狂した。鬼畜米英とか暴支膺懲などのスローガンを使いながら、正義の日本が悪い国を殲滅するのだと思っていた。

@この国でA級戦犯の責任がこれほどに肥大した理由

 もう一度書く。A級戦犯だけに戦争責任のすべてを押しつけることはできない。彼らもまた、相互作用の一つの要素でしかない。

 だからA級戦犯を合祀することについては(靖国でよいかどうかはともかく)反対はしない。ただしこの国でA級戦犯の責任がこれほどに肥大した理由は、天皇制を存続させるために「天皇を騙したり追い詰めたりした人たちがいた」とのコンテクストが必要になったからだ(ここにはアメリカの意向が強く働いている)。その歴史的経緯はもっと共有されるべきだ。

 いずれにせよこうして、A級戦犯を除く国民すべてが被害者となった。加害の意識が希釈された。同時にこの判決を援用して周恩来は、「我が国は賠償を求めない。日本の人民も我が人民と同じく、日本の軍国主義者の犠牲者である」と発言した。中国国民を説得するために。そして中国国民もこれに同意した。悪いのは一部の戦争指導者たちだったのだと。

 ならばその戦争指導者までも合祀した靖国に現在の政治指導者が参拝することに対して、今さらそれはないじゃないか、と彼らが憤ることは当たり前だ。

 それを踏まえたうえで言わなくてはならない。今さら本当に申し訳ないが、その解釈と認識は間違いだった。日本の人民は被害者であると同時に加害者でもある。責任は私たちすべてにあったのだと。

 確かに日本は東京裁判の判決を受け入れた(裁判そのものではない)。その後に復興と発展があった。今さらリセットはできない。でも法的な意味ではなく、意識レベルにおける再審請求を起こすことはできる。つまり戦争のメカニズムへの再考察だ。この国の指導者たちはそのうえで、世界に対して以下の宣言をするべきなのだ。

一部の指導者にのみ戦争責任を押しつけた観点において、東京裁判史観は明確な過ちを犯している。責任は(天皇も含めて)当時の国民すべてにある。だからA級戦犯も同じように祀る。そのうえで二度と過ちを犯さないことを誓うために慰霊する。戦争とは戦争を憎むことだけでは回避できない。戦争を起こしたいと本気で思う指導者や国家など存在しない。ところが戦争は続いてきた。なぜなら人は不安や恐怖に弱い。集団化して正義や大義に酔いやすい。歴史上ほとんどの戦争は自衛への熱狂から始まっており、平和を願う心が戦争を誘引する。指導者やメディアは国民の期待や欲求に応えようと暴走する。だからこそこれを縛るシステム(憲法)が重要なのだ。その歴史と意義をしっかりと記憶する。

 補足するが、企業が不祥事を起こせば社長や役員クラスが責任をとるように、指導者に対してより重い責任と処罰が科せられることは当然だ。それは大前提。でもだからといって、指導者だけに責任をすべて押しつけることが正当化できるはずがない。それは結局のところ過ちのメカニズム解明を放棄することに繋がり、歴史を歪曲するのだから。

 僕は後で悔やみたくない。自分たちは騙されたとか無理矢理に背中を押されたなどと言い訳したくない。結局は加担した1人になりたくない。時代の変化を後押しした多くの国民になりたくない。だから今は抵抗する。全力で時代に抗う。

・・・・・・・・・・・・・

 この日の日本列島は大寒波。寒さに震えながらしばらく手を合わせてから、僕たちは真田山陸軍墓地を後にした。就任中に物議を醸しながら靖国に参拝した歴代首相は、退任後も靖国で手を合わせているのだろうか(すべきだよね)。あるいは安倍首相や閣僚たちは、遺族ですら存在を忘れてしまった墓苑が日本中にあることを、多くの英霊の墓石が打ち捨てられたように存在していることを、せめて知っているのだろうか。

***「ダイヤモンドオンライン 『リアル共同幻想論:2014-3/6』」より転載
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード