FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習講演会「玄海原発の再稼働の是非を問う」

★学習講演会「玄海原発の再稼働の是非を問う」

これまでの川内原発,高浜原発および伊方原発の再稼働に向けた原子力規制委員会(規制委)の安全基準審査は,原発事故からの安全性を担保するものではなく,再稼働へのお墨付きを与えるためのものであることが明白になっています.

川内原発の1,2号機を再稼働させた九州電力は,次には玄海原発3,4号機の来年度の再稼働に向けて準備を急いでいます.その再稼働についての規制委の審査は昨年12月を最後に開かれていませんが,九州電力はその審査に向けて社員の「玄海シフト」を進めているとの報道もあります.玄海原発で重大事故が起これば,場合によっては,福岡都市圏は重大な被害を被ることを覚悟しなければなりません.

下記のように玄海原発の再稼働に関わるさまざまな問題を学ぶための学習講演会を企画しました.多数の市民の参加を期待します.ただし,会場の制限により先着76名までとさせていただきます.

日 時:2015年11月14日(土)18:00~20:30

場 所:福岡市立中央市民センター 第一会議室(福岡市中央区赤坂2丁目5-8)
    地下鉄空港線「赤坂駅」2番出口より赤坂西交差点を左折(徒歩5分)

資料代: 500円

内 容:A講演
    (1)「世界最高水準の原子力規制基準ってほんと?」(20分)
      報告:岡本良治氏(九工大名誉教授)
    (2)「水蒸気爆発及び水素爆発の危険性」(20分)
      報告:中西正之氏(元燃焼炉設計技術者)
    (3)「佐賀県議会における奈良林参考人陳述への批判」(20分)
      報告:豊島耕一氏(佐賀大名誉教授)
    (4)「玄海原発と白血病」(20分)
      報告:森永 徹氏(元純真短期大学講師)
    B休憩(10分)
    C質問と討論(60分)

主 催:福岡核問題研究会
問合先:三好永作(電話:092-522-8401,メール:eisaku.miyoshi@kyudai.jp)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。