FC2ブログ

子どもの未来のために私たちができること

★子どもの未来のために私たちができること
チェルノブイリとフクシマから学ぶ、生命(いのち)を守るために知っておきたいこと。

●12月6日(日) 14時~16時(開場13時30分)
●ご予約1000円 当日1500円(中学生以下のお子様同伴無料、同室いただけます)
●〒803-0814 福岡県 北九州市小倉北区大手町11-4
  男女共同参画センタームーブ 5F小セミナールーム
●定員 60名 先着順

☆予約はこちらから→http://kokucheese.com/event/index/352557/

~~~~~

チェルノブイリ事故から29年たった今も、ウクライナやベラルーシでは国家予算をかけて子どもたちの長期保養を行っています。放射能はDNAを破壊。二世代、三世代にわたり、健康被害を起こしており、法律で子どもたちの避難や保養の権利が保証されています。
福島の子どもたちの甲状腺がんはすでに137人と、通常の50~70倍の発生率で、緊急に保養が必要と言われています。
また、福島から遠く離れていても、放射能は食べ物から取り込まれ、「内部被曝」を起こし、がんや心筋梗塞など、重大な健康被害の原因となります。
日本に生きるすべての人々が放射能と向き合わなければいけない時代、チェルノブイリの知見から「生命(いのち)を守るために出来ること」を一緒に考えましょう。

◆野呂美加さんプロフィール
「NPO 法人チェルノブイリへのかけはし」代表
29年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に始める。子どもたちを日本に招待し転地療養させることによって健康回復をはかる”保養里親運動”をはじめ、被災地に対して様々な救援活動を行なっている。2011年の福島原発事故後は、福島の子どもたちの保養にも取り組んでいる。
2005年、国際交流基金より「地球市民賞」受賞。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード