FC2ブログ

環境主義住宅を解く 第6回

 先日「自立循環型住宅セミナー」を受講してきた(財団法人 建築環境・省エネルギー機構主催)。大阪と東京だけで開催されたのだが、西村さんも遠路はるばる大阪までやってきた。こういうアンテナを持っていて、行動力があるところにはいつも感心する。
 内容は今後のわが国の家づくりの大きな指針になるものだった。住宅の性能全般がそろそろおよそ満足できるものになってきた現在、残された大きな課題は「省エネ」しかない。この「自立循環型住宅」というのは省エネ住宅(省エネ型の暮らし)に本気で取り組もうとしている。まさしく「環境主義の家づくり」の大きな柱になるところであり、この連載にも大きく反映されるだろう。

 さて、今回から暖房の話をしよう。具体的な話をする前に基本的な事柄を説明したい。さらに詳しくは私の『じっくり派のための家づくり講座①断熱・省エネ編』を読んでほしい。
 暖房におけるエネルギー消費は「箱としての家」「設備機器」に深い関わりがあり、しかも省エネの対象として重要だ。つまり「省エネ住宅」というテーマにおける中心的存在になる。
 寒さを感じて不快になるのは体から熱が奪われるからだ。そしてその熱の奪われ方には「①体のまわりの空気へ」「②体に面しているものへ」「③体に接しているものへ」という3つのルートがある。この3つのルートによって奪われる熱を効率的に少なくすることが「省エネ住宅」の基本的なテーマになる。この内容をここでは『快適基本要件』と呼ぶことにして、その内容をさらに分解していこう。
①体のまわりの空気へ奪われる熱を少なくする
 このためには当然室温を上げることが必要になる。そして室温を上げるためには室内に何らかの熱源が必要であり、一方ではその熱源からの熱を外に出さないようにする必要がある。室内の熱源としてまず考えるべきは「人体」「調理」「電気機器」などだ。次に考えるべきは「太陽熱(日射)」だ。冬場でも天気のよい日は日射が室内に入り込んでくる。これも熱源として見ることができる。そして最後は「暖房機器」。
 一方、熱源からの熱が外に出ていってしまうルートには「壁や屋根や床の材料をじんわりと伝わる」というものと「室内の暖かい空気が外に出てしまう」という2つのものがある。前者の熱量を少なくするのが「断熱」であり、後者のそれは「気密(隙間を少なくする)」になる。
②体に面しているものへ奪われる熱を少なくする
 体に面しているもの(例えば室内の壁)の表面温度が体の表面温度よりも低ければ「体→面しているもの」へ輻射で熱が奪われる。これは見落としがちだが、とても重要なものだ。もし室温が20℃で室内に面しているものの表面温度が14℃だったとすると、体感温度はこの平均の17℃に感じるらしい。
これを避けるには「室温を上げる」「逆に輻射によって“面しているもの”の表面温度を上げる」「断熱をする」ということが基本になる。室温を上げたり、輻射暖房器や日射などの輻射によって壁などの表面温度を上げるとともに、暖められた材料(壁など)が外に熱が奪われることを断熱によって避ければよいわけだ。
③体に接しているものへ奪われる熱を少なくする
 日常生活で体に接するのは「床」がほとんどだろう。したがって、床面の温度を下げないようにすればよい。そうするには「室温を上げる」「輻射によって床面を暖める」「床から下の断熱をする」ということが必要になるが、ここでもっとも重要なのは「断熱」になる。さらに積極的に床面を暖めようとするのが床暖房というわけだ。

 整理しよう。
 ①~③の内容で(意図的なものとして)エネルギー消費を伴うのは「暖房機器」だけだ。つまり、寒く感じる原因を排除しようとするとき、この「暖房機器」によって生じるエネルギー消費をできるだけ少なくすることが「省エネ住宅」につながることになる。別の見方をすれば、「生活熱源」「太陽熱」という“そこにある熱源”をできるだけうまく利用することが大切であり、そこで「断熱」や「気密」が大きな意味を持ってくる。もし“そこにある熱源”による熱が外に出て行くことなく十分な快適性が得られれば、誰も暖房機器のスイッチをつけなくなるだろう。
 ただし、それほど十分な快適性が得られなくても暖房機器のスイッチをつけない人もいる。また、断熱や気密の性能を上げるのはコストアップにつながる。さらに、断熱や気密の性能を上げることが逆に快適性を損なう可能性もある。このあたりのバランスが実際には重要になってくる。次回ではそのあたりのことを述べよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

としとんどん

Author:としとんどん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード